さよならを言うために列に並ぶことを躊躇する80歳の日本のスーパーセールスマンの引退した顧客| 売り手| 女性の靴

[The Epoch Times, 3 avril 2021](大紀元時報の張雨霏による全報)日本のデパートの婦人靴売り場のスーパークラーク、Qisaki Hisako(音訳)、80歳は最近引退を決意した。 古くから「靴は売らない」と主張してきましたが、お客様のニーズに耳を傾けることに力を入れており、多くの常連客が次々と来店するのを嫌がり、さようならを待ち構えています。

朝日新聞の日本の報道によると、スーパーセールスウーマンの加崎久子は「80歳のアイドル」と呼ばれ、3月31日に正式に引退した。 旧百貨店「宮崎山形屋」の婦人靴売り場にいた。 宮崎市で。 彼女は80歳の誕生日に引退することにしました。

「ここでの毎日のサービスはとても充実していますが、モールにはまだ若々しいタッチが必要だと思います」と初木氏は語った。

初木は宮崎出身です。 1959年に高校を卒業後、宮崎山形屋に勤務。 8年間働いた後、彼女は結婚のために仕事を辞めることを選び、約20年間専業主婦として働きました。 しかし、夫の死後、1989年に48歳で20年ぶりに職場に復帰した。

職場を離れるという長期的な欠員は、柿崎に圧倒されることもありました。 たとえば、お客様に提供する靴の左右のサイズが間違っていたり、量が間違っていたりすることがあります。 お客様の態度の声に耳を傾けてください。」

顧客が座ると、彼女は床にひざまずき、顧客の興味や期待に耳を傾けます。 お客さまをお迎えする彼女の振る舞いはとても上品で、お客さまや同僚からも好評を博しています。 彼女の笑顔で明るい顔はかつて店の特徴でした。 (お願いしますクリック写真を参照)

初木氏は、明治時代に生まれた母親が言動を教えてくれたと語った。

職場復帰後5年間でカウンターの契約社員となり、同社の全国約70店舗で顧客数や売上高でトップセラーの1つとなった。初木を社内で有名にした。 。

営業の秘訣について、初木氏は「お客様に誠実に接することだと思います」と語り、物を売るのではなく、お客様の思いや考えに真摯に耳を傾けます。

仕事のカウンターマネージャーは、彼が最も得意とすることは顧客を念頭に置くことであると言いました:「彼女は顧客のために働く靴を見つけることの専門家です。」 初木はお客様にどんどん深くお話を伺います。 テーマは靴だけでなく、家族や個人の健康についてです。 この対人関係の深化により、お客様はデパートに足を運び、靴を買いたくない場合でも、まずはおしゃべりをしてから、行きたいフロアに行きます。

初木は、営業時間内だけでなく、季節ごとに自分でハガキを書いて、300人以上の常連客に届けています。

同社は従業員の定年を70歳と定めているが、「初木ほど顧客に人気のある人はいない」ことを考えると、当時は特別な方法で初木を雇うことはめったになかった。

10年後の今、木崎は引退を決意し、木崎が選んだ靴を履いているお客さまがカウンターに並び、木崎に別れを告げるのを待っています。

初木さんは、今後もハガキを使って、常連客に引退を一枚一枚伝える予定です。「お世話になりました。またお会いできることを楽しみにしております。」

担当編集者:ハンユ#◇

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。