より多くのウクライナ難民を受け入れるために、日本の首相は「準難民制度」を推進している(写真)ウクライナ| 岸田|


日本の岸田文雄首相。 (画像クレジット:外務省/ CC BY 4.0)

[Voir China May 6, 2022 News](中国のジャーナリストShen Yanによる完全なレポートを参照してください)によると日本地地通信社は、古川法務大臣が、日本の戦争難民としての受け入れに関するNHKプログラムについて話し、日本は「難民亡命希望者を受け入れる制度は難しい。 時代は常に変化しているため、法制度に備えることが不可欠です。 「したがって、難民法の潜在的な難民としてこれらの亡命希望者を保護するためのシステムを確立することが緊急に必要である。

日本政府は、夏の参議院選挙後、暫定国会に関連法案を提出する予定である。 潜在的な難民の考えは、昨年の通常議会に提出された修正案にすでに含まれていました。 しかし、外国人の強制送還に対する野党の反対により、提案は取り下げられた。

この点について、古川大臣は、「これをすべて変えたい」との帰国条項の撤廃について否定的な意見を表明し、「昨年法案が可決されれば、今回は我々になるだろう」と強調した。ウクライナからの亡命希望者をスムーズに処理できます。」

によりウクライナ亡命希望者は550人以上、岸田首相戦争で荒廃した地域からの難民の受け入れについて、彼は次のように指摘した。「二重基準の問題を回避するために、現在、日本の独自の対応が検討されている。 これは、難民の保護の一形態として「準難民」の概念を使用する意図を強調しています。探求する性的機関のアイデア。

ウクライナ難民などの戦争で荒廃した地域からの難民は、難民条約の「難民」の概念を満たしていないため、日本政府はまず、難民を効果的に保護する方法について内部協議を行う予定です。

FNNの報告によると、最近岸田首相は公共の場で日本人学生と交流しました。 岸田首相に「これまで、日本は他の先進国と比較して、戦争で荒廃した地域から亡命希望者を受け入れており、実際には難民として受け入れていません」と質問した。 地域ではそれを受け入れます”そこからの戦争で荒廃した地域の人々はそれを受け入れません’少し矛盾していますか?」

これに対して岸田首相は、「日本は常に難民条約に従って難民を扱ってきた。今回は人道的観点からウクライナの亡命希望者を受け入れる」と答えた。ウクライナの亡命希望者は難民の定義を満たしていない。 、しかし人道的な観点から、それらは受け入れられなければなりません。 したがって、私たちは彼らを準難民として受け入れるつもりであり、司法省は関連するメカニズムについて話し合っています。 「」

また、岸田首相は「 『この国はできる、この国はできない』などの二重基準を持たないために、日本独自の対応方法を検討している」と述べた。 これに基づいて、彼は、日本が難民保護システムの一部として、戦争で荒廃した亡命希望者を「準難民」と呼ぶことを検討していると指摘した。

出典:中国を見る

この記事の短縮URL:

すべての権利を留保し、いかなる形式の複製にも中国の許可が必要です。 ミラーサイトを作成することは固く禁じられています


[Recherche d’un membre honoraire]川は海に合流することができ、少しの優しさは大きな愛に達することができます。 私たちは世界中の中国人の中から1万人の名誉会員を心から求めています。各名誉会員は毎年料金を支払うだけで「WatchChina」ウェブサイトの名誉会員になります。独立した重要な情報を提供し、真実を伝え、危機、そして大きな疫病や他の社会的危機から彼らを救います。
名誉会員

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。