ソニーの元最高経営責任者である出井伸之氏は、84歳で肝不全で亡くなりました。 彼はかつて「日本の製造業は中国に負けた」と言った| 毎日の経済ニュース

アソシエイテッドプレスによると、日本のソニー株式会社(NYSE:SONY、6月6日終値92.3ドル、時価1,141億ドル)は、東京時間6月7日火曜日に、ソニーの元CEOである出井伸之(出井伸之)が6月2日ソニーで84歳で肝不全で亡くなりました。

ソニーは、出井伸之氏の近親者との個人葬式を行い、後日、全社的な追悼式を行う予定だと語った。

出井伸之は1998年から2005年まで同社のCEOを務め、ソニーのデジタルおよびエンターテインメント事業の成長をリードしてきました。 しかし、出井伸之のCEOとしての7年間の任期については、外の世界はさまざまなレビューを行っています。 出井伸之は在職中、ソニーの計画を立てたものの、その後の世界的な技術競争で高額の代償を払った。

出井伸之はかつて著書「生命の経営」で日本産業の衰退の現実を分析し、日本の製造業は中国に負けたと信じていた。

「新生活」のビジョンの下での探検

出井伸之氏の死去を発表した後、ソニーの現最高経営責任者である吉田憲一郎氏は、「1998年から7年間のCEO在任中、出井伸之氏はソニーがグローバル企業になるために多大な貢献をしてきました。 特に、CEO在任中のインターネット時代の到来を正確に予測し、ソニーのデジタルトランスフォーメーションを積極的に推進してきました。

ソニーのウェブサイトからの公式声明の一部のスクリーンショット

出井伸之は1937年11月22日に東京で生まれました。彼は早稲田大学の政治経済学部を卒業し、彼の父は日本の早稲田大学の有名な経済学教授でした。

出井伸之は1960年にソニーに入社し、1962年にスイスのジュネーブにある国際関係研究所に留学しました。 前後2回スイスに派遣された後、1968年から1972年にかけてフランスに移籍し、SONYFRANCEを設立。 その後、出井伸之はソニーのAV事業部長を兼務し、1989年にはソニーの取締役を務め、同年に総支配人に昇進した。 特に、出井伸之はソニーの共同創設者である井深大の義理の息子でもあります。

1995年4月、出井伸之がソニーの会長に就任し、ソニーVAIOなど人気商品の原動力とされています。 3年後、元ソニー会長の大賀典雄が出井伸之をソニーのCEOに任命した。 井出が買収した後、ソニーは赤字のハードウェア事業を次々と売却し、プレイステーションゲームなどのエンターテインメント事業に注力した。 それ以来、ソニーは製造業からの撤退も加速させてきました。

出井伸之が数年前に男鹿信夫から引き継いだので、ソニーの事業は非常に順調に発展してきました。 PlayStationのゲーム機やVAIOパソコンなどの新製品の発売により、日本経済が完全に停滞した時期に、ソニーは世界的な売上高と利益を着実に増加させることができました。

「新生児」は、出井伸之CEO在任中によく言われる言葉でもあります。 2000年、彼はブロードバンド時代に「ソニードリームキングダム」を建設することを提案した。 2001年に、彼はソニーをカスタムチャネルネットワークソリューション会社に変えることを申し出ました。 2002年、彼はソニーを「メディア+テクノロジー企業」に変えることを提案した。 出井伸之のリーダーシップのもと、ソニーは徐々に家電製品からゲーム・エンターテインメント市場の開拓に事業の焦点を移しました。

さらに、「デイリー・エコノミック・ニュース」の記者は、グローバルグループの経営枠組みと会社のコーポレートガバナンス構造も統合したと述べた。 2000年には、日本政府のIT戦略評議会の議長に任命され、日本がブロードバンドネットワークを構築するのを支援しました。

画像出典:レポーターZhu Wanpingによる写真(データカード)

「スキニー」リアリティ

ゲームやエンターテインメント業界の高度な計画も、出井伸之のリーダーシップの下でソニーに大きな打撃を与えました。新しい競争力はまだ形成されておらず、多くの良い機会を逃しています。

ロイターは、出井伸之がソニーの最高経営責任者を務めていた間、ソニーはポータブルミュージックプレーヤーの主導的地位をアップル(iPodやiTunesなど)に譲っただけでなく、テレビの分野でも、ソニーは国内の競合他社に打ち負かされたと報告しました日本と韓国、巨人が勝ちました。

報告によると、2000年のソニーの評価額はアップルの7倍でした(NASDAQ:AAPL、6月6日の終値は146.14ドル、時価は​​2.37兆ドル)。 ソニーの元会長である男鹿典も1990年代初頭にアップルの買収を検討しましたが、22年後、アップルはテクノロジーの世界的リーダーとなり、現在の市場価値はソニーの約21倍になりました。

さらに、2000年代初頭のドットコムバブルの崩壊は、ソニーのフラットパネルテレビへの移行をリードすることができなかったことと相まって、過去数年間のソニーのパフォーマンスの急激な低下をもたらしました。

2003年4月、ソニーは2002年度のアニュアルレポートを発表しました。同社の巨額の年次損失のニュースがソニーの危機を表面化し、すぐに「ソニーショック」を引き起こしました。 ソニー株は2日連続で下落し、日本株の引き金となった。 ハイテク株が急落し、日経平均株価が急落した。

「ソニーインパクト」の後、出井伸之に対する疑念の声も続いた。 一部の人々は彼が「良い仕事をしていない」と考えており、この「最も成功したCEO」は「最悪のCEO」に絞り込まれています。

2005年にリストラを開始したが、アジアのライバルとの競争に打ち勝ち、エレクトロニクス事業を復活させる力に焦点を当て、同社の懸念は衰えることなく続いた。 当時、ソニーのテレビや携帯音楽プレーヤーなど、かつての必需品の売上は大幅に落ち込んでいました。

2005年3月7日、ソニーの取締役会は、ソニーの米国代表であるハワード・ストリンガーを会長兼最高経営責任者に任命し、2005年6月22日、取締役会は、総会で正式に最終投票を通過しました。 株主。 このようにして、ストリンガーはソニーの歴史上初の外国人CEOとなり、出井伸之は他の2人のメンバーとともに取締役を辞任しました。これは、ソニーの「出井伸之時代」の終焉を意味します。

ソニーを離れた後、イデイは事業運営の再構築と次世代のビジネスリーダーの育成に焦点を当てたコンサルティング会社であるQuantumLeapsCorp。を設立しました。

出井伸之はかつて著書「生命の管理」で日本の製造業の衰退の現実を分析した。 彼は、第二次世界大戦後、日本がいわゆる「製造業の神話」から学ぶことができなかったため、日本の製造業は中国に負けたと信じていました。 このうち、日本企業はコンピューター技術とうまく統合できません。 また、日本企業は依然として「官僚的依存」という大きな問題を抱えています。





Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。