世界競争力:香港5位、日本は中国日経の記録的なレベルに落ちる

ローザンヌ経営大学院(スイス)EMD)。615に公開2022年年間世界競争力ランキングは、デンマークが初めてトップに上昇したことを示しています新しいコロナの発生からの経済回復の速度が影響を与えています、ヨーロッパ諸国は先を行っています所定の位置に占める6アジア諸国はランキングで大幅に下落し、日本のランキングは下落しました3歴史的な安値まで34少し。

調査の対象は63国と地域。 統計は、さまざまな国や世界銀行の政府統計、および経済事業者へのアンケート調査に基づいています。




昨年のナンバーワンからのデンマーク3#1にジャンプ1bit.Denmarkは、行政のデジタル化が進んだ国であり、生産性とビジネス効率の点で第1位です。1少し、ランキングを向上させます。2前年1位のスイスは、そのインフラと効率的な政府で高く評価されました。





デンマーク、コペンハーゲン(ファイル写真、2019年、ロイター)

フィンランド111位に上昇8入る直前最高のヨーロッパ諸国は6個人がこのランキングを公開EMDアーサー・ブライス教授 (アルトゥーロブリス)日本経済新聞(中国語版:中国日経サイト)へのインタビューで、彼は「新たなコロナの流行の経済的再開からの毒素は、欧米諸国にとって東風を構成する」と分析した。

アジアでも、エピデミックの影響を封じ込めた国や地域のランキングが上昇傾向にあり、香港は前年に比べて増加しています。2場所、最初にジャンプ51位、台湾も1位に上昇セブン少し。 エピデミックの拡大を抑えることを目的とした厳格な政策のおかげで、経済的パフォーマンスや経済的パフォーマンスなどの要素が積極的に評価されています。

対照的に、発生からの景気回復が遅い東南アジアは順位が下がった。日本の順位も前年より下がった。3少し、まで34bit.rank with2020同じ年、歴史的に低いレベルで。 ブリーズ教授は「政府の効率に問題がある」と指摘し、国内総生産を上回っていることを示している(GDP)。2将来的には、公的債務の収支を倍増させるなど、財政の質の向上が課題となる。

エピデミック後も世界経済は回復を続けていますが、ロシアのウクライナ攻撃による地政学的リスクやインフレ圧力が新たな問題となっており、世界の事業者調査によると、現在の懸念事項としてインフレを挙げている事業者が50%、最大数、地政学的リスク(49%)およびサプライチェーンのトピック(48%) に続く。

調査ではヨーロッパは好調だったが、ウクライナをターニングポイントとして、地政学的リスクとインフレに直面している。「ヨーロッパは食糧不足やエネルギーなどの問題に悩まされるだろう」とブリーズ教授は述べた。2023年2018年の調査によって悪影響を受ける可能性があります。」

日本経済新聞(中国語版:中国日経ウェブサイト)押切知義ウィーン

著作権に関する声明:すべての権利は日本経済新聞に帰属します。 不正な転載や部分的な複製は禁止されています。 違反者は責任を負います。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。