日本で立ち往生した乗客は船で中国に戻り、国旗を広げて「祖国を長生きさせる」と叫ぶ| 中国と日本| フェリー| 総領事館_SinaNews

元のタイトル:風と雨を恐れないでください! 祖国があなたを家に連れて帰ります!日本の座礁した乗客はボートで家に帰ります

「台風の影響で8日の元帰り便が13日に変更された。8日の夕方に欠航するという航空会社からの通知は期待していなかった」と王氏は語った。家に帰れなかったので鍋にアリのように心配し、「中国ありがとう。大阪総領事館が 『家に帰る』の連絡を手伝ってくれた」と語った。

  「祖国に感謝します」

フェリー「新鑑真」は、「ウー…」の長い口笛を吹いて、11日に287人の乗客を乗せて大阪港国際フェリーセンターを出港しました。乗客には、台風のために大阪で立ち往生した181人の中国人乗客が含まれていました。大阪の中国総領事館が船に乗り込みました。

9月11日、日本の大阪でフェリー「XinJianzhen」が出航しました。 (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)

「XinJianzhen」フェリーがゆっくりと港を出たとき、乗船していた多くの中国人の乗客が船の横に集まった。 彼らは国旗を広げ、「故郷に感謝します」や「Vive la patrie」などのスローガンを唱え、彼らが海岸から出発するのを見た総領事館に別れを告げました。

9月11日フェリーで 9月11日、「新建鎮」フェリーで、中国人の乗客が船の横に集まり、岸から同行した総領事館の職員に別れを告げた。 (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)

旅程によると、「Xin Jianzhen」は、13日正午に中国の上海に到着します。

  「フェイヤン」は冷酷です

今月4日、台風「ジェヤン」が日本にハードランディングし、関西国際空港が海水の逆流により閉鎖を余儀なくされ、世界の外部につながる橋が石油タンカーにより損傷した。 空港はかつて外界から隔離されており、多くの乗客が空港で立ち往生していた。

9月5日に台風で被害を受けた関西国際空港の連絡橋です。  (新華社通信/共同通信)9月5日に台風で被害を受けた関西国際空港の連絡橋です。 (新華社通信/共同通信)

大阪の中国総領事館の助けを借りて、空港で立ち往生したすべての中国人の乗客は、6日の早朝に安全に避難しました。

関西国際空港は、国内線・国際線の一部を再開しましたが、第1ターミナルの大洪水により、今週は完全に復旧できるかどうか不明であり、多くの便が欠航となっています。

一人で日本に旅行した学生の王包子は、飛行機の欠航に憤慨し、大阪総領事館の助けを借りて、なんとか「新鑑真」フェリーのチケットを購入しました。 「やっと家に帰れる!」

9月10日フェリーで 9月10日、「Xin Jianzhen」フェリーで、スタッフが乗客を案内してチェックインしました。 (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)

  「鑑真」は意味があります

今回立ち往生した客を安全に護衛した客船は、日中国際フェリー株式会社の「新鑑真」でした。

1985年、中国遠洋運輸グループの子会社である日中国際フェリー株式会社の最初の遠洋定期船および貨物船「Jianzhen」が運航を開始しました。 1994年に「新鑑真」が操業を開始しました。

9/11大阪、フェリー 9月11日、日本の大阪で、フェリー「XinJianzhen」が出港しました。 (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)

「新華社」フェリーの政治委員である黄新湯氏は、台風の影響で関西で多くの中国人観光客が立ち往生していることを知った後、中国日本国際フェリー株式会社に語った。 大阪の総領事館に連絡するイニシアチブと、乗客が帰りの旅に出るのを助けるために「XinJianzhen」フェリーを送る意思を表明しました。

大阪総領事館の調整の下、「新鑑真」と日本の税関は、前日に立ち往生した中国人の乗客の搭乗手続きを例外として処理しました。

9月10日、日本の大阪で、中国人の乗客はチケットの購入と搭乗手続きを行います。  (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)9月10日、日本の大阪で、中国人の乗客はチケットの購入と搭乗手続きを行います。 (新華社通信記者Du Xiaoyiによる写真)

大阪の中華人民共和国総領事である李天蘭は、10日、帰国しようとしている中国人乗客に挨拶するために「新鑑真」を訪れ、COSCOグループ、特に「 XinJianzhen」。

中国政府は台風の影響を受けたすべての中国人乗客を気遣っており、大阪総領事館のスタッフは空港、航空会社、国内関係者と緊密に連絡を取り合っており、立ち往生している乗客の支援を続けています。

新しくオープンしたフライトと変更されたチケットにより、誰もが中国に戻るためのグリーンエアチャネルが構築されました。 すでに出航している「XinJianzhen」フェリーは、立ち往生している乗客が帰宅するための海路を提供します。

大阪総領事館は公式ウェブサイトに、風雨は常に通過するものであり、その希望は私たちの前にあると掲載しました。 安全に旅行するために、道路にいる、または旅行に出かけようとしているすべての立ち往生している中国人の乗客を願っています。

プロデューサー:Li Dawei

ジャーナリスト:JiangQiaomeiとDengMin

担当編集者:張燕

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。