日本の職人が中国の生分解性プラスチックを布に変える日経中国のウェブサイト

  山田修平:中国製の生分解性プラスチックの生産量は増加傾向にあります。 生分解性プラスチックは、耐熱性と染色性が低いため、以前はプラスチック製の皿やバッグの代替品と見なされていました。 また、日本の伝統的な繊維と生地の職人技を使用して生分解性プラスチックを改良している日本企業は、ヨーロッパの衣料品メーカーに販売を開始しています。

「化学者の考えに従えば、製品は作れません。」 日本の化学トレーダーであるHighChemのディレクターであるKoYuichiは言った。 2021年12月、HighChemは「HIGHLACT」というブランドで生分解性のトウモロコシベースのポリ乳酸(PLA)プラスチック繊維を発売しました。




High ChemicalCorporationのディレクターであるGaoYuyiは、持続可能な素材で作られた服を試着しています

2020年、中国生まれの創設者であり会長の高啓とのつながりを通じて、Highchemは中国のポリ乳酸メーカーであるAnhui Fengyuan Groupに投資し、日本市場向けの売買契約を締結しました。 豊原は年間生産能力10万トンで、世界第2位のポリ乳酸メーカーです。 2022年夏には年間生産能力30万トンの大型プラントが稼働し、豊原は世界一とされています。

伝えられるところによると、高雄一監督はかつて衣類に使用される繊維にポリ乳酸を使用することを検討していましたが、彼の父であるクライマックス会長は当初、それに反対しました。 日本の大手化学会社もポリ乳酸繊維の販売を試みましたが、耐熱性などの技術的な弱点を完全に克服することはできませんでした。 技術者であるクライマックス大統領は、その理由を正確に知っています。

「日本の繊維と織物産業の知恵から学びたい」とマネージャーのGaoYuyiは反対にもかかわらず、2021年初頭にポリ乳酸繊維を商品化することを決定した。 これまでに、合成繊維の産地である福井県や東京県など、全国の伝統的な繊維の産地で販売する衣料・生地の専門家4名を採用し、デニムの産地である岡山。

これらは繊維と布職人のペアポリ乳酸綿などの天然繊維や植物由来の改質剤を無差別に添加し、衣類に使用できる限りポリ乳酸繊維の品質を定期的に向上させています。 高尾雄一監督は、「職人が改善の計画を立てたのはまさに日本でした。 中国にはないビジネス環境です。

ハイケムは、生地メーカーの小野もずみ(東京江東)、繊維販売店のタキヒヨーとHIGHLACTの供給契約を結び、今年は秋冬のアパレル商品として発表される予定です。 彼はまた、ヨーロッパと日本の大手衣料品会社との交渉を開始したと報告されています。

HIGHLACTにはアイロンがけなどの耐熱性の問題もあり、価格はポリエステルの3倍の12ドル/kg程度です。 しかし、ヨーロッパのハイエンドブランドが高コストで持続可能な素材の使用を拡大するため、Gochemは2024年までにHIGHLACT50億円の売上を達成するという目標を設定しました。

ポリ乳酸などの大量生産の規模で日本が中国と競争することはもはや現実的ではありません。 ハイケミカルのアプローチは、中国が得意ではない技術と経験のギャップを埋めることが日本のビジネスチャンスになることを示しています。

  この記事は日本経済新聞(中国語版:日経中国ネットワーク)アジア科学技術編集者山田修平によって書かれました

 

著作権に関する著作権は、日本経済新聞に帰属します。 不正な転載や部分的な複製は禁止されています。 違反者は責任を負います。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。