日本の養豚は人工知能を使用しています日経中国のウェブサイト

日本の食品会社である日本ハムは、人工知能(AI)を利用して2022年までに豚の発情を検出する豚繁殖補助システムを商品化する。このシステムにより、繁殖に必要な訓練を受けた要員の確認作業を約70%削減できる。 。 豚と牛の頭当たりの価格は低いため、豚の生産効率を改善するためのデジタル技術の使用は遅れています。 労働力不足などにより、日本の養豚業者の経営環境はますます厳しくなっています。 日本ハムは、ブリーダーの負担を軽減する必要性をターゲットにしています。

   

日本ハムは、NTTデータなどと協力して、IoTやAIを活用した養豚支援システム「PIGLABO」を開発しています。 カメラ、マイク、センサーは養豚場に設置されます。




このシステムが導入されれば、豚の画像、温度、湿度、二酸化炭素濃度などのデータをいつでもリモートで確認できます。 このシステムは、AIベースの再生支援機能を備えています。

画像はAIによって分析され、雌ブタの発情を検出します。 962頭のブタを使った実験では、暑さの中でブタを判断した場合、AIの妊娠率は95%であり、人間の判断(91.8%)よりも正確でした。 AIを利用することで、発情確認の作業負荷を約65%削減することも可能です。

日本ハムは、PIGLABOシステムを新規事業として売却します。 具体的なサービス内容、料金、販売目標についてはまだ検討中です。 日本ハムは「価格が市場の需要と一致することを望んでいる」と述べた。 同社は、養豚支援システムの販売を通じて収入源を多様化する予定です。

雌ブタの発情の兆候を特定するには、飼料摂取量と実際の接触反応を確認する必要があります。

課題は、熱中の雌豚を特定する作業に時間がかかることであり、熟練した作業員がいなければ困難です。 豚が適切な時期に交尾できれば、繁殖率が上がるはずです。

日本ハムによると、日本には雌ブタの発情検出サービスを提供する大手企業はありません。 海外にもそういう会社がありますが、専用カメラを使う必要があります。 新しいシステムには、通常のカメラを使用できるという利点があります。

牛のテストでは、発情を検出するためにポータブル端末が使用されます。 豚の数が多いことなどの理由から、養豚の分野でのデジタル技術の適用はやや遅れていると考えられています。

日本の農林水産省の統計によると、2021年までに日本には3,850人の養豚業者がおり、10年間で40%近く減少するでしょう。

日本ハム研究所の森下直樹氏は、「飼料価格の高騰や持続可能な開発目標の達成などにより、豚産業の環境は大きく変化しました。 将来的には、従来の方法と競争することは非常に困難になるでしょう。 。」

新システムの実験的利用を進めるために、日本ハムはまず複数の企業への販売を検討します。 また、豚の生産を行う自社グループ会社の新​​しい養豚場にPIGLABOシステムを導入することも想定されています。

また、システムの機能を向上させるための研究も継続していきます。 画像から豚の体重を推定するAI技術はまだ開発中です。760頭の豚を使った実験では、実際の体重と比較して±5%の誤差で豚の体重を推定できることが示されました。

体系化が成功すれば、豚が成長しているかどうかを簡単に管理できるようになります。

2018年には、日本ハム、NTTデータを含む4社が、AIなどの技術を活用した養豚を支援する「スマート養豚プロジェクト」を立ち上げました。 関連システムの開発は現在進行中です。

  日本経済新聞(中国語版:中国日経ウェブサイト)張八尾湯

 

著作権に関する著作権は、日本経済新聞に帰属します。 許可なく転載または部分的に複製することは禁じられています。 違反者は責任を負います。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。