福清の海外リモートビデオ公証サービスがCCTVニュースに登場-今日の焦点-サウスイーストネット

福清ニュースネットワーク、5月9日(レポーターChen Sijia)コロナ肺炎の新たな世界的発生の影響を受けて、長い間海外に住んでいた一部の中国市民は、個人的な関係と主要な財産権を含む公証文書を申請するのに間に合うように中国に戻ることができません。 5月5日以降、60以上の海外大使館と領事館が国内のパイロット公証機関と協力して、海外でリモートビデオ公証サービスを正式に開始しました。 このサービスモデルの先駆的な探検家として、福清公証人事務所はその日のCCTVニュースで取り上げられました。

「福清は華僑の故郷であり、海外に住む福清の人々は世界中にいます。福清の流行の影響と海外の中国人のニーズを考慮して、私たちは海外でリモートビデオ公証サービスを開始した州で最初の機関です。福清公証局長の張宋氏は、福清公証局は中国のパイロット機関の1つであり、中国で初めて海外でリモートビデオ公証サービスを開始した機関であると述べました。

海外の遠隔ビデオ公証は、国内の公証機関が認証プロセスの主体であり、海外の大使館や領事館が証人を支援する新しい公証方法です。 現在、適格な当事者(特定の質問については、中国大使館および地方領事館が発行する通知に注意してください)は、中国に戻ることなく、海外のリモートビデオを使用して、FuqingCity公証人事務所の公証人に接続して処理することができます。 :宣言、委任(不動産、株式、相続およびその他の主要な財産問題を含む)、婚姻状況、国籍、指紋、名前、出生、死亡、関係、身分証明書の身分証明書、きれいな犯罪記録、経験、訓練、職業資格証明書、法的に重要な文書署名、印鑑の信憑性、テキスト通信、証明書(ライセンス)の公証など。

によると福清党グループのメンバーであり、市政サービスセンターの管理委員会の副所長である陳東偉は、外務省からの公式発表の前に、福清の公証事務所が海外での電話相談を首尾よく受け入れたと発表した。中国総領事館。 日本の大阪とインドネシアのスラバヤにある中国総領事館。

2021年11月22日、日本の大阪にある中国総領事館は、州外務局の領事館、州法務省の法務部、および州外務サービスセンターと協力しました。 ビデオ委託公証。

2022年3月3日、インドネシアのスラバヤにある中国総領事館は、福建省外務局領事館、法務省法務局、外務省サービスセンターと協力しました。

2022年4月6日、シンガポールの中国大使館は、関連する国の公証機関と正式に協力して、リモートビデオ公証のパイロットプロジェクトを実施しました。 福清公証人事務所は、福建省で最初のパイロット公証機関です。

2022年4月22日、海外遠隔ビデオ公証パイロット作業の秩序ある発展を促進するために、外務省領事館は特別なオンライン交換会議を開催しました。4つの招待された地方公証機関の1つとしてFuqing公証人事務所、オンラインで説明しましたすべての関係者とのコミュニケーションのビジネスプロセスが確立され、パイロット大使館として新たに追加された海外の75の新しい大使館と領事館と経験の共有が行われました。

これまでに、福清公証人事務所は、海外大使館、領事館、国内公証機関による2つの海外リモートビデオ公証を処理しており、「福清公証人公証人」のWeChatアプレットを介して、2,000以上のリモートビデオ公証人が委託されています。 70件。

報告によると、福清市公証人事務所は、華僑向けのサービスを引き続き強化し、新しいサービスモデルの革新と探求を積極的に行い、時間とコストの制約を解決するために「インターネット+公証人」に依存します。華僑市民のための安全な証明書申請環境。申請者の身元と証明書を申請する真の意志を確保し、華僑市民のための証明書申請の問題を効果的に解決します。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。