Board Glass CEO Mori Shigeki:電気自動車に新しいガラス市場があります日経中国のウェブサイト

世界最大の板ガラスメーカーである日本板ガラスの収益性の回復は遅れています。 Glassは当たり前になり、新興国の企業と直接競争することはもはや有益ではありません。 板ガラスのライバルであるAGCとCentralGlassは、化学薬品と医薬品に焦点を合わせて、ガラス事業を縮小しました。 日本板ガラスは、かつてのガラス事業に注力することを主張していますが、勝つチャンスはありますか? 日本経済新聞(中国語版:中国日経ウェブサイト)が板ガラス社長の森茂樹氏にインタビューを行いました。





ジャーナリスト:大企業はガラス事業でお金を稼ぐことはできません。

森の木:中国のような新興国で企業が拡大してお金を稼ぐ時代は終わりました。 ほとんどの企業はお金を稼ぎません。 自動車メーカーは厳しいガラス価格要件を持っており、簡単に価格を上げることはできません。 過度の競争を避けるために供給能力が適切なレベルに維持されれば、利益を生み出すことができます。 ガラスは安くて使いやすく、世界で必要な素材です。 衰退している業界ではありません。

記者:現在、ガラス製品の世界的な供給は多すぎます。 将来の会社の成長を確実にする方法は?

森の木:付加価値の高い商品に変身し、コマーシャルコンテンツを常に調整していきます。 たとえば、純粋な電気自動車(EV)アプリケーションの新しい市場があります。 電力消費量を削減するためには、エアコンが節電することが重要です。 この地域では、断熱効果の高い金属化ガラスを販売することができます。 中国企業は、太陽光発電パネルアプリケーションの圧倒的な市場シェアを持っており、勝つチャンスもあります。 発電効率を向上させることができる光透過率の高いタイプのガラスは、基本的に中国企業によって製造されていません。

レポーター:窯産業と土石産業は、日本の国内製造業で4番目に多くの二酸化炭素を排出しており、脱炭素化も最優先事項です。

森の木:ガラスを作るには熱が必要です。 炭素排出のない水素燃料技術を検証します。 これは2030年以降に実用化されるでしょう。別の技術は、炉にエネルギーを与えて原料の溶解を促進し、それによって使用されるガスの量を減らすことです。 この技術は、脱炭素化をサポートするために、より多くの炉にも導入されています。

記者:2006年、あなたの会社は英国のピルキントンを買収するために約6000億円を投資しました。 当時は「ビッグスナック」買収とも呼ばれていました。

森の木:この事業は(債務を追加するだけで)失敗したと考える人もいますが、買収がなければ、当社の事業基盤は日本と東南アジアに限定されるでしょう。 もちろん、取得する必要があります。 しかし、リーマン危機等により需要は減少しています。 リストラなどには費用と時間がかかり、成長への投資は停滞しています。 低効率の自動車ガラスなどでは、欧米の工場統合を検討する。

ジャーナリスト:あなたの会社は、セントラルグラスがファンドに売却したヨーロッパとアメリカのガラス事業に興味がありますか?

森の木:自動車用ガラスはすでに十分な生産能力を持っています。 購入する必要はありません。 自動車生産レベルがコロナウイルス2019以前のレベルに戻るにはまだ時期尚早です。見通しを予測することは困難です。

森重木 1981年(昭和56年)、神戸大学を卒業し、法学を専攻し、日本板ガラスに入学。 2012年常務取締役を務める。2015年4月より会長兼最高経営責任者(CEO)。兵庫県生まれ。 63歳。

記者は日本経済新聞(中国語版:中国日経ウェブサイト)沖永翔

著作権に関する声明:すべての権利は日本経済新聞に帰属します。 許可なく転載または部分的に複製することは禁じられています。 違反者は責任を負います。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。