CCPが台湾のハタ矢板明夫を禁止:海峡両岸貿易価値の検討| 中国の習慣| CCPはハタを禁止します|

[The Epoch Times, 13 juin 2022](大紀元時報のZhong Yuanが台北で報告)10日、CCPは突然、台湾からのハタの輸入を禁止すると発表したと、台北の日本支社「産経新聞」の矢板明夫マネージャーは語った。 これは、昨年のアフターパイナップル、ロータスミスト、釈迦牟尼のフォローアップであり、台湾の漁師や農民に対する別の計画された政治的攻撃です。 何年にもわたる両岸の交流を振り返ると、台湾には熟考すべきことがたくさんあります。

中国共産党の税関総局は10日、台湾で生産されたハタの中国への輸入を13日から停止することを突然発表した。中華人民共和国は、CCPが国際基準を繰り返し遵守しなかったことを批判し、台湾の漁師の権利と利益を保護するための3つの主要な措置の開始を発表しました。 。

矢板明夫氏によると、ハタの起源は主に屏東や高雄など台湾南部にあり、DPPサポーターが比較的多い。 北京の当局は、関連事業を削除することにより、11月の台湾の9対1の地方選挙に影響を与えたいと思うかもしれません。

CCPは、2022年6月13日から台湾のハタの輸入を停止する。高雄市政府海洋局は11日、コールドチェーン機器の製造、イスラム市場の開発、水産物加工業者と漁業協会の開発指導に補助金を提供すると発表した。小さなパックの冷凍庫新鮮な農産物…写真は2019年に撮影されました。高雄水産養殖業者はハタの収穫を等級分けします。 (高雄市政府/中央通信社提供)

「ハタで有害物質が検出されたという主張については、それはナンセンスなはずです。」 彼は昨年、もともと中国への輸出を目的としていたパイナップルが、不適格な検査のためにキャンセルされた後、大量に日本に転売されたと指摘した。 日本の税関で何かがおかしいと聞きました。

「世界で最も猛烈な勢いで知られる日本の品質検査官が一生懸命働いていないのではないか」と矢板明夫氏は語った。中国が故意にそれをしなければならないこと。台湾にとってそれを難し​​くしなさい。」

高雄ハタ漁船
台湾高雄市のハタ養殖の現状を考えると、海洋局が提供する2020年の「漁業年次報告書統計」によると、主な養殖地域は永安区であり、弥陀区が続き、どちらも船員である。 養殖養殖場全国で屏東に次ぐ年間生産量第二に、生きた魚は主に漁船で輸送され、中国本土と香港で販売されています。 写真は2022年4月から5月の間に撮影されたものです。(高雄市政府/中央通信社提供)

Chen Jizhongは、世界中のすべての規制が、農業、漁業、畜産産業における農薬の過度の使用を対象としていると指摘しました。 せいぜい、基準を超える農薬の輸入または返却は禁止されています。 すべての製品が直接禁止されているわけではありません。CCPが関連する国際貿易仕様に違反していることは明らかです。 台湾のハタの質はとても良いです。 過去数年間の2019年と2020年には、同様の薬物使用は検出されていません。 CCPは昨年、合計3〜4回のテストを報告しましたが、「すぐに生産終了までさかのぼりましたが、類似するものは見つかりませんでした。特に状況に対応します。

CCPが台湾海峡の両側で農産物、水産物、畜産物を再び対象とする国際基準に従わなかったことに応えて、Chen Jizhong氏は、「動物と植物の検疫を通じて、すべての科学的証拠を中国本土に再び提供します。 近い将来、台湾海峡の両側にあるチャンネル。 CCPが台湾のハタの再輸出にできるだけ早く積極的に対応できることを願っています。 (回答)がない場合、世界貿易機関(WTO)の食品安全検査および動植物検疫(SPS)委員会への苦情を除外しません。

矢板明夫氏によると、台湾はかつてハタ農業技術の世界的リーダーでしたが、近年、海峡間の相互作用が増加し、多くの技術がリリースされています。 今日、中国のハタ養殖産業はますます重要になりつつあり、そのうちのいくつかは台湾市場に転売されています。 実際、高品質のパイナップルを栽培する技術は、台湾から中国にも広がっています。 ことわざにあるように、「教会の弟子たちは、主人を餓死させます」。 何年にもわたる両岸の交流を振り返ると、台湾には熟考すべきことがたくさんあります。

「今日、パイナップルも台湾のハタも中国市場でユニークな製品ではない」と彼は指摘した。CCPが台湾のハタを大量に購入する理由は、商業的理由だけでなく商業的理由でもある。 統一戦線のニーズについて。 CCPは、台湾のビジネスマンがお金を稼ぐという善意を持っていません。それが長期間続く場合、遅かれ早かれそれは代償を払うでしょう。

「台湾にはまだ中国市場に大きく依存している製品がたくさんあります。将来、海峡の両側での混乱はいつでもCCPの取り締まりの対象となる可能性があります。業界の関連する利害関係者は変革に備える必要があります。 。時間の経過とともに」と彼は強調した。

彼は、台湾の「国の保護」として知られている半導体産業に関する限り、現時点では心配する必要はないと述べた。 技術面では、中​​国国内のメーカーが真似することは難しく、今後も台湾からチップを購入していきますが、台湾は技術力の問題に細心の注意を払う必要があります。

矢板明夫氏は、将来的には台湾は自社製品の魅力を高め、独自のブランドを構築することに焦点を当てるべきだと述べた。 パイナップルを例にとってみましょう。日本はパイナップルの大きな消費国ですが、中国で生産されているのは沖縄だけで、95%が輸入されています。 現在、主な輸入国はフィリピンとコスタリカです。 現在、台湾で生産されているパイナップルの価格は比較的高いですが、日本のハイエンド市場向けに優れた製品が開発されれば、まだ成長の余地は十分にあります。

さらに、日本人は世界で最も魚を消費する国であり、日本のハタの潜在的な市場は小さいとは予想されていないと彼は言った。 この点でも素晴らしい機会があると思います。

責任ある編集者:Li Muen#

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。