CCP軍からサイバー攻撃への参加を命じられ、日本の中国人学生が望んでいた| 中国の学生| 逮捕状| 国際逮捕状

[The Epoch Times, 30 décembre 2021](大紀元時報の李雲記者が取材・報道)最近、日本は出国した中国人学生に逮捕状を発行し、国際逮捕状を発行する。 中国人学生は、日本のハイテクセキュリティソフトウェアをだまそうとし、日本で勉強している間に中国軍によって引き起こされたサイバー攻撃に参加したとして非難されました。

ニュースを聞く:

(さらに聞くには、「Listen to theEpoch」プラットフォームにアクセスしてください)

日本のNHK、共同通信、その他のメディアは、中国軍が関与したサイバー攻撃事件に関して、12月28日に警視庁の公安省がビンの逮捕状を取得したと報じた。

警察の捜査官は、王建濱がCCP兵士の妻の指示の下、東京の販売会社から日本企業にのみ販売されているソフトウェアを購入するために2016年11月に偽の会社名を使用した疑いがあると主張している。 販売会社は法人登録等の情報が確認できなかったため、取引をキャンセルしました。

日本の警察は、サイバー攻撃を実行するために、CCP軍が日本企業のセキュリティ対策を調査し、彼らの弱いつながりを見つけて、情報収集活動を実行すると信じています。 Wang Jianbinは国を去り、警察は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて世界的な逮捕を行う計画を立てています。

サイバー攻撃事件については、4月に日本の警察が、2016年に200社以上の日本企業や研究機関が中国のハッカーに大規模に攻撃されたことを確認しました。 CCPの「ユニット61419」の指揮下で中国のハッカー組織「ティック」によって実行されました。 王建濱の携帯電話には、陸軍将校の妻が彼に「国に貢献する」ように頼んだという内容も含まれていました。

分析:日本はCCPスパイを阻止するために検索命令を発行しました

日本に住むモンゴル南部の社会活動家であるクビシ氏は、CCPの日本での拡大と浸透は軍事技術に焦点を合わせているとフリーアジアに語った。 技術を盗んだりスパイしたりすることに加えて、CCPが日本の米軍基地を購入して建物を建てたことが明らかになった。

彼は、日本が今回、CCPスパイの指名手配の通知を明確に発行したと信じており、日本がこの種の行動をもはや容認していないことを示しています。

中国政治科学法大学で国際法の修士号を取得したライ・ジャンピン氏は、大紀元時報に、日本の指名手配命令の発行は中国のスパイに萎縮効果をもたらすだろうと語った。 私は彼らがスパイするのにそれほど無謀ではないと信じています。

「しかし、関係者は中国に逃亡したため、捕まえるのは難しいかもしれない。もちろん、この人は基本的に役に立たず、二度と国を離れる可能性は低い。日本は多くの国と引き渡し条約を結んでいるからだ。日本との引き渡し条約を結んでいる国ならどこでも逮捕される可能性がある」と語った。

米国を拠点とするニュースコメンテーターのLanShuは、大紀元時報に、CCPは、民主主義国の注目を集めている海外の軍事、政治、技術情報をスパイするために海外の学生を長い間使用してきたと語った。

彼は、CCPの行動は、実際には、西洋で勉強したいと思っていた多くの若い中国人学生の未来を断ち切ったと述べた。 欧米諸国が中国人学生を歓迎しない場合、多くの中国人学生は先進国で勉強する機会がありません。

昨年、米国はかつて中国人学生の入国を制限し、一部のビザもキャンセルしました。 日本や英国のような国々もそれに続いています。

CCPは世界中にあらゆる種類のスパイを送ります

Lai Jianpingは、中国の学生を使って情報を収集することは、CCPの世界的なスパイ戦争の一部であると述べました。 近年、CCPは、政治スパイ、経済スパイ、軍事スパイ、技術スパイなど、さまざまなスパイを先進国に派遣しています。

「彼のスパイ活動は主に、最新の外国の発明の盗難、最新の科学技術の成果、最も機密性の高い情報とインテリジェンス、および彼自身の使用のための盗難を含む盗難に基づいています。 CCPは、敵を弱体化させるためにそれを脅かす国、機関、企業、さらには個人からのデータと文書を考えています。

中国は世界中でデータの盗難とハッキングの操作を行っています

Lai Jianpingは、CCPのスパイ活動を担当する部門は、サイバー攻撃を専門とするCCP軍の「ユニット61419」であると述べました。 そして、CCPの国家安全保障部門は、統一戦線部と外務部でさえ、スパイを送ることができます。

彼は、留学生と科学技術交換要員を使用し、学者とビジネス要員を訪問することに加えて、CCPはまた、世界中のデータ盗難とハッキング操作を行うために華僑と外国人に賄賂を贈ったと言った。

Lai Jianping氏は、次のように述べています。「長年にわたり、CCPのいわゆるハイテクの成果の多くは、そのような海外のスパイの成果からもたらされてきました。 CCPのハイテク開発政策では、1つは独立したイノベーションであり、もう1つは「教訓はスパイによって学ばれる。外国の先進的な発明や技術は賄賂を通じて直接盗まれたり獲得されたりする。ワインを取り除く」。

彼は、世界の最新の科学研究技術と科学研究結果-これらのハイテクの成果がCCPの自治政権の手に渡った場合、彼は今度は(CCPの)リーダー、抑圧者、奴隷化、さらには世界にハイテクを打ち上げる戦争キラー。 これは、CCPがその暗い手を世界中に広めることを防ぐために国際社会によって高く評価されるべきです。

担当編集者:Lin Congwen#◇

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。