日本の対中援助はCCPの真実を隠す40年を終わらせる| 日米同盟| 政府開発援助| ODA

[The Epoch Times, 22 janvier 2022](大紀元時報は、ウィニー、ワン・ジアイー、リャン・シンによるインタビューとレポートを特集しています)日本のメディアによると、日本は今年3月に中国への40年間の政府開発援助(ODA)を完全に終了します。 )。 これらの援助は中国の経済発展にかなりの役割を果たしてきましたが、中国人の大多数はそれに気づいていません。

中国のウェブサイト日経は1月14日、1979年12月に開始され、今年3月に開始される中国への日本の政府開発援助(ODA)に言及して、「日本のODAから中国への歴史の幕を下ろす」というタイトルの記事を公開しました。 今月はもう終わり、中国で日本語教育に携わっている日本の青年海外協力チームのメンバーはまだ2人います。

ニュースを聞く:

(より多くのリスニングについては、「Listen to theEra」プラットフォームにアクセスしてください)

過去40年間、日本は中国の最大の援助国であり、中国への世界的な援助全体の66.9パーセントを占めています。 同時に、中国は日本の援助の最大の受益国でもあります。 しかし、中国人、特に一般の人々は、それについてほとんど何も知りません。

日本の中国へのODA援助は、1979年に始まり、援助の形態には、金融、技術、人材育成が含まれます。 2015年、日本は中国への援助で3.66兆円(約322億ドル)を獲得しました。これには、3.3兆円(約290億4000万ドル)の譲許的融資と1,575億円(約13.5億米ドル)の無料援助米ドルが含まれます。技術支援は、367件の大規模プロジェクトを含む1,840億円(約16億2,000万米ドル)を超えました。

日本のODAが支援する主なプロジェクトには、北京国際空港、上海浦東空港、武漢天河空港、上海宝山発電所、日中友好病院、北京地下鉄2号線などがあります。 (写真を見る)。

中国へのいくつかの日本政府開発援助プロジェクト。 (エポックタイムズの地図作成)

ワシントンの戦略国際問題研究所のアジア問題担当上級顧問であり中国の専門家であるボニー・S・グレイザー氏はかつて、この援助は過去40年間、中国の経済変革に「多大な貢献」をしてきたと述べた。中国の経済変革に貢献しました。 開発は重要な役割を果たしますが、それが認識されることはめったにありません。

2018年10月、安倍晋三前首相が訪中した際、日本は40年間の対中援助を終了すると発表した。 これに対し、中国外務省の華春瑩報道官は、日本の対中援助が中国の改革、開放、経済建設に積極的な役割を果たしていることを認めると同時に、「日本も目に見える恩恵を享受している」と指摘した。

当時、日米比較政治学研究所のヤン・ジョンメイ上級研究員は、日本が中国への援助から恩恵を受けたというCCP外務省の主張は、自身の顔を守るためのCCPのレトリックであるとVOAに語った。 なぜなら、彼は日本の経済援助をうまく推進したことはなかったが、改革の成果とCCP体制の「良いルール」への開放を帰したからである。

日本の学者:CCPがODAを隠蔽したのは残念です

アジア文化史政治研究所所長の溝口ぼくどう氏は、大紀元時報とのインタビューで、日本政府は1980年代から中国を支援してきたが、CCPは中国国民と話をしなかったと述べた。 残念です。

「中国政府は、中国の発展に対する日本の貢献について国民に伝えていない。申し訳ない。共産党の嘘に腹を立てている。日本政府と国民は、私たちを敵と見なす人々を助けてきた。」 言った。 言う。

彼は次のように述べています。「1949年にCCPが設立されて以来、すべてのCCPプロパガンダは誤りでした。 その体制は嘘の上に成り立っており、日本には宗教と自由があるので、CCPは常に私たちを敵と見なします。

「CCPが存在する限り、それは決して解かれることのない結び目です」と彼は付け加えました。

日本の著名な作家である河添恵子氏と国立政治大学国際関係センターの研究者であるディン・シュファン教授は、日本は中国に多大な援助を提供してきたが、CCPはそれを受け入れているとエポックタイムズに語った。当然のことです。

「中国は戦勝国なので、日本は私たちに謝罪し、補償する必要があります。私たちはあなたに感謝する必要はなく、人々に知らせる必要もありません」と彼は言った。

しかし、彼女はまた、実際、第二次世界大戦中、CCPは日本と直接戦わず、蔣介石が率いる国民党軍が本当に日本に抵抗したと述べた。

CCPが日本からの援助を隠した理由について、Ding Shufanは、1980年代以降、「歴史教科書」の問題により日中関係が摩擦を経験したと分析しました。CCPは、このハンドブック事件を使用して、日本の軍事主義を誇張して日本を批判し、これは、日本にもっと援助を提供するように強制すると同時に、中国社会に対する人々の不満を日本に伝える方法です。

ディン・シュファンが取り上げた歴史教科書の問題は、日本の国内歴史教科書をめぐる論争に言及している。 主な重点は、第二次世界大戦の歴史的事実の歴史的解釈、新しい教科書の承認と採用、そして国際的な外交と和解にあります。

日本の中国への開発援助の背景

日本の対中援助計画は、1978年に中国共産党の元指導者である鄧小平が訪日したことから生まれた。日産自動車、日本鉄鋼、松下電器などを訪問し、新観仙を占領した後、日本の近代産業は鄧小平の目を開いた。そこで彼は「改革と開放」政策を提案し、熱心に対外援助を求めた。

日本の経済援助に携わり、中国への経済援助を主導した荒木光也氏は、2018年の大紀元時報のインタビューで、「当時、中国は文化大革命の影響をまだ感じていた。世界銀行でさえも貸し出さなかった。中国へ。 中国を支援した最初の国。

荒木氏は、第二次世界大戦後、中国は日本からの戦争賠償を放棄したと述べた。 1972年に日中外交関係が樹立された後、双方は戦争賠償をODA援助に置き換えるという暗黙の合意に達した。

彼によると、日本の対中援助はソフト面とハード面に分かれており、3段階に分かれており、5年ごとに円借款と援助計画が策定されている。 ハードウェアの側面は主にエネルギーや電気、港や空港などのインフラストラクチャの構築を指し、ソフトウェアの側面は主にヘルスケア、医療、保護環境、教育、人材育成を指します。 22の州にある200の大学。

日本の対中援助の目的について、東京大学東洋文化研究所の松田靖教授は、安倍首相が対中援助の終了を発表した後、次のように述べた。 、日本は、中国が対外援助を通じてより豊かで、より民主的で、より繁栄することができることを望んでいます。 しかし、国際基準を満たす国々は反対し、中国はますます進んでおり、これも日本人が批判し、援助の停止を要求する重要な理由です。」

日本への主張を放棄するという中国の決定は、「美徳で不満を返済する」という蔣介石の立場の下で中華民国によって最初に下されました。 1952年4月28日に調印された「日本と中華民国間の平和条約」(「華日平和条約」と呼ばれる)によれば、中華民国は自主的に補償請求を放棄した。

一方、中国は旧ソ連との関係が悪く、毛沢東がソ連との友好関係を固めたため、日本に対する主張を放棄した。 1972年9月29日に署名された日中共同声明によると、CCPは「日本に対する戦争賠償の要求を取り下げる」ことを決定した。

責任ある編集者:Lian Shuhua#

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。