米国が恐れているこの中国の戦略は、日本がチャンスと見なしている| 自動化| 日本| Competitiveness_SinaMilitary_Sina.com

データカード:茨城県ルネサスエレクトロニクスの工場で働く人員。 (新華社通信からリリース)

元のタイトル:米国が恐れているこの中国の戦略は、日本がチャンスと見なしている

Reference News Networkは8月15日、日本のメディアが、中国政府が提案した長期製造戦略は米国にとって戦略的脅威と見なされているものの、日本にとってはビジネスチャンスになる可能性が高いと述べたと報じた。

8月14日の日本の「富士山ビジネスデイリー」の記事によると、中国の産業構造を変えようとする試みは、資本財への巨額の投資を伴う。 日本はファクトリーオートメーションシステムと半導体製造装置に優れています。 現在、日本から中国への生産設備・部品の輸出は大幅に増加しています。 グローバルな産業チェーンの助けを借りて、付加価値貿易の分野で中国と日本の間にはまだ大きなギャップがあります。 しかし、長期的に見ると、中国は手ごわい競争相手になる可能性があり、日本は自国の墓を掘らないように注意しなければなりません。

レポートは、現在、長期戦略で言及されている主要産業の生産設備の需要が大幅に増加していることを示しています。 2012年、日本の半導体製造装置の中国への輸出は、その年の中国の半導体およびその他の電子製品の総輸入量の5分の1に過ぎなかったが、今年の最初の5か月間の日本の半導体製造装置の中国への輸出は2012年に達した。レベル。 さらに、製造プロセスの自動化に対する中国の需要も急速に伸びています。 たとえば、ファナックはファナック自動化システムと産業用ロボットに強い強みを持っており、2017年には中国での売上高がほぼ2倍になりました。

報告書によると、長期戦略では、集積回路、半導体製造装置、産業用ロボットのローカリゼーション率が2020年までに40%以上に増加することが提案されています。これらすべての目標が達成されると、かつて鉄鋼業が行っていたように、日本関連産業。

産業構造が改善し続けるにつれて、より付加価値の高いセクターで中国がもたらす脅威も大きくなるだろうが、報告書によると、それはまだ日本を追い抜くにはほど遠い。 Bloomberg Newsが計算した貿易競争力指数は、さまざまな生産地域における中国の競争力が1980年代の日本のレベルに追いついていることを示しています。貿易競争力指数は、さまざまな生産部門における国の競争力のレベルを示しています。 0より大きい値は、比較的競争力があることを意味します(最大は1.0、最小は負の1.0)。

1980年代半ば、日本の消費財貿易競争力指数は約0.5でした。 しかし、1990年代初頭までに、指数はほぼゼロにまで低下していました。 日本のスペアパーツと資本財の貿易競争力指数も1980年代半ばのピーク(0.7)から徐々に低下しており、2016年のデータは0.3から0.4でした。

報告書によると、2016年の中国の消費財と資本財(鉄鋼を含む)の貿易競争力指数は、1980年代初頭の日本の水準に近い。より付加価値の高い部品に対する中国の貿易競争力は、1980年代初頭の日本の水準からはまだ程遠い。 。

報告書によると、日本の利点は、高品質の部品や材料を生産できる中小企業が多数あることです。 中国では、深セン経済特区でも同様のビジネスクラスターが形成されています。 今年、中国はビッグデータや人工知能などの先端技術の研究開発を促進するためのデモンストレーションエリアである「雄安新区」の基本計画を発表しました。 しかし、中国が産業の深さの点で日本に追いつくには時間がかかるでしょう。

報告書によると、経済協力開発機構が発表した各国の輸出総額に占める国内付加価値の割合に関する統計は、日本が依然としてアジアをリードしていることを改めて証明している。 2014年、日本の総輸出額では、国内の付加価値は81.8%を占めましたが、米国の84.7%をわずかに下回っていますが、中国の70.7%および韓国の62.1%をはるかに上回っています。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。